Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、無線LANの運用管理サービスを提供

大塚商会は、無線LANのリモート運用監視サービス「たよれーる らくらくWi-Fi」を10月1日より開始する。

同サービスは、無線LANの導入から運用管理までワンストップで対応するサービス。必要に応じて遠隔操作を行い、SSIDの運用、ユーザーアカウントの設定、パスワードの変更、環境の最適化などへ対応する。

また稼働状況について24時間体制で監視し、セキュリティ設定や障害対応のほか、ファームウェアのアップデートに対応。機器故障時の代替機器の交換、復旧作業なども提供する。

同社では、サービス開始から1年間で1000件の契約を目標にサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
公衆Wi-Fiのセキュリティ学ぶ全8回のネット講座 - 総務省
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード