Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失 - 尾道市

広島県尾道市は、市立重井小学校において、児童41人の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

7月30日に教務主任がUSBメモリの紛失に気付いたもので、同メモリには、2013年度3年生の成績補助簿や指導要録資料23人分のほか、2014年度3年生の成績補助簿16人分と個別の指導計画2人分が保存されていた。

教務主任は、同日中に校長へ報告。同市ではこれを受け、市内の全小学校、中学校、高校に対し、個人情報保護と文書の適正管理について文書で通知を行っている。

(Security NEXT - 2014/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市