Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失 - 尾道市

広島県尾道市は、市立重井小学校において、児童41人の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

7月30日に教務主任がUSBメモリの紛失に気付いたもので、同メモリには、2013年度3年生の成績補助簿や指導要録資料23人分のほか、2014年度3年生の成績補助簿16人分と個別の指導計画2人分が保存されていた。

教務主任は、同日中に校長へ報告。同市ではこれを受け、市内の全小学校、中学校、高校に対し、個人情報保護と文書の適正管理について文書で通知を行っている。

(Security NEXT - 2014/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
小学校で児童の個人情報含むノートを紛失 - 平塚市
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市