Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月のフィッシング報告、前月から7割減 - ゲーム関係の攻撃縮小が影響

フィッシング対策協議会は、7月におけるフィッシングの報告状況を取りまとめた。前月に6割を占めたオンラインゲーム関連の報告が激減したのが原因だという。

同協議会によれば、7月に寄せられたフィッシングの報告件数は1354件。4403件と過去2番目に報告件数が多い月となった6月から3049件減少した。

前月との比較では、状況が大幅に改善されているが、500件に満たない範囲で推移していた2013年後半と比べれば、依然として高水準で推移しており、予断を許さない状況となっている。

フィッシングサイトの公開に利用されたURL件数も、前月の824件から417件へと半減。ただし、2013年と比較するとまだ改善されたとはいえない状況。フィッシングに悪用されたブランド件数は前月を3件上回る17件だった。

7月において報告数が大幅減となった背景には、前月から9割減となったオンラインゲーム関連のフィッシング報告の減少がある。

URLの報告に関しても、オンラインゲームに関するものは全体の2割にとどまり、8割を金融機関のフィッシングサイトが占めた。オンラインゲームが6割、金融機関が4割だった前月と逆転している。

(Security NEXT - 2014/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的