Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、「CSIRT研修」サービスを9月にスタート

日本IBMは、企業のセキュリティレスポンスチーム「CSIRT」を支援する「CSIRT研修」サービスを9月より提供する。

同サービスは、セキュリティ事故発生時の対応、指揮、管理などに携わる担当者を対象とした研修サービス。研修の内容は、CSIRTの概要、内部インシデントへの対応、外部からの攻撃によるインシデント対応、外部との連携や公表などの対応スキル育成を行う。

研修期間は30時間、5日間のコースで、料金は43万2000円。同社では、今後研修内容について、情報セキュリティ大学院大学と連携し、さらなる拡充を図っていくとしている。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
日本シーサート協議会が一般社団法人化 - 互助関係強化を推進
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大