Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が水道使用者の個人情報含む検針機器を紛失 - 柏市

千葉県柏市は、水道使用者の個人情報が記録された検針機器を、委託先の検針員がトイレに置き忘れ、紛失したことを公表した。

同市の発表によれば、7月1日10時ごろ、水道検針業務を委託しているジェネッツの検針員が、田中近隣センターの女性トイレに検針機器を置き忘れたという。10時25分ごろ置き忘れたことに気付き、戻ったが見当たらず、持ち去られたあとだった。

紛失した検針機器には、水道使用者の氏名や住所のほか、口座振替済通知データ、メーター指針など204件の個人情報が記録されているが、起動にはセキュリティペンダントが必要で、データはすべて暗号化されているという。

同市では、文書の配布を通じて対象となる水道使用者に事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
水道利用者の個人情報含む図面が所在不明 - 岡山市水道局
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子