Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が水道使用者の個人情報含む検針機器を紛失 - 柏市

千葉県柏市は、水道使用者の個人情報が記録された検針機器を、委託先の検針員がトイレに置き忘れ、紛失したことを公表した。

同市の発表によれば、7月1日10時ごろ、水道検針業務を委託しているジェネッツの検針員が、田中近隣センターの女性トイレに検針機器を置き忘れたという。10時25分ごろ置き忘れたことに気付き、戻ったが見当たらず、持ち去られたあとだった。

紛失した検針機器には、水道使用者の氏名や住所のほか、口座振替済通知データ、メーター指針など204件の個人情報が記録されているが、起動にはセキュリティペンダントが必要で、データはすべて暗号化されているという。

同市では、文書の配布を通じて対象となる水道使用者に事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府