Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

mixiで26万件超の不正ログインが発生 - 試行回数は430万回以上、今なお攻撃が継続

ミクシィは、同社が運営するソーシャルネットワークサービス(SNS)の「mixi」において、第三者が利用者になりすます「不正ログイン」の被害が、26万件以上のアカウントに及んでいることを明らかにした。利用者へ注意を呼びかけている。

20140617_mx_001.jpg
不正アクセスを受けている「mixi」

同社によると、6月2日に利用者から問い合わせがあり不正アクセスを受けていることが判明。調査したところ、5月30日より不正アクセスを受けており、6月16日までに約430万回のログイン試行が行われたという。

また攻撃の結果、26万3596アカウントが不正ログインを許した。ただし、今回の不正ログインが原因と見られる課金や、mixiポイントの不正利用は確認されていない。

同社は、今回の不正ログインに利用されたアカウント情報について、同社経由の漏洩を否定。同社以外で流出したアカウント情報を用いた「パスワードリスト攻撃」である可能性が高いと説明している。

攻撃元のIPに対して、同社ではアクセス制限を実施するなど対抗しているが、外部からの攻撃は現在も継続しており、被害が拡大している状況だという。

同社では、1か月以内に同サービスへログインした形跡がある利用者には、メッセージでパスワードの変更を依頼。それ以外のユーザーについてはログインを一時停止した。また利用者に対してパスワードの使い回しを避けるようアナウンスを実施するなど、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も