Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府の統計調査で使用する事業所名簿を運送業者が紛失

総務省と経済産業省が、7月1日に実施予定の統計調査で用いる事業所名簿を、運送委託業者が紛失していたことがわかった。

総務省が所管する「経済センサス - 基礎調査」と、経済産業省所管の「商業統計調査」の準備として、地方公共団体に調査関係書類などを送付したところ、配送を委託した協新流通デベロッパーが、事業所名簿を紛失したことが5月21日に判明したという。

紛失したのは岡山県高梁市分の事業所名簿で、同市に所在する1943事業所の正式名称、通称名、所在地、電話番号などが記載されていた。これら情報が不正に利用されたとの報告は受けていないという。

今回の紛失を受け、両省では対象となる事業所に対して文書を通じて謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2014/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
顧客情報記載の工事伝票を紛失 - 中部電力パワーグリッド