Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や卒業生の個人情報含むHDDが盗難 - 大阪府立大工業高専

大阪府立大学工業高等専門学校において、教員が研究室で使用する外付けハードディスクが盗難に遭ったことがわかった。学生の個人情報が記録されていたという。

同大によれば、教員が6月6日15時ごろ、研究室のパソコンへハードディスクを接続した状態で部屋を離れ、17時30分ごろ研究室に戻ったところ、ハードディスクがなくなっていることに気付いたという。パソコンの画面上には、ハードディスクを不適切に接続解除したことを示す警告画面が残っていた。

盗まれたハードディスクには、同教員が1999年以降に担当した科目に関する学生の氏名と成績のべ4835人分のほか、2008年度および2011から2014年度の同校在学生のべ4028人分の氏名と集合写真、同教員が担当した体験入学への参加者のべ211人の氏名と住所、同教員と交流のある学外の研究者のべ476人の氏名と住所など、個人情報が保存されていた。

同大では、10日に警察へ盗難届を提出。対象となる卒業生や学外の関係者には説明と謝罪の文書を送付するほか、在校生に対し、校内掲示板やホームページを通じて謝罪している。

(Security NEXT - 2014/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD