Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで顧客のアドレス流出 - 広島の不動産会社

広島で不動産仲介業を展開するナカホームズは、メール送信時の人為ミスにより、顧客のメールアドレス156件を流出したと発表した。

5月18日に新物件の案内メールを送信した際、送信先アドレスを誤って宛先に記入、送信したため、全送信先のメールアドレス156件が受信者間で確認できる状態となった。

対象となる顧客には、事故を報告するとともに、誤送信メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2014/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区