Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAからの依頼装いセキュリティ製品を販売する事業者に注意

情報処理推進機構(IPA)は、同機構と関連があるかのように装い、セキュリティ製品を販売している事業者があるとして、注意喚起を行った。

同機構によれば、問題の事業者は同機構が発行するセキュリティ関連のパンフレットなどを持参。同機構から依頼を受けたかのように説明して、製品の提案や販売を行っているという。

同機構には、こうした行為に関して複数の情報が寄せられており、こうした営業活動に一切関係ないと説明。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み