Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウント登録の作業ファイルが外部よりアクセス可能に - 大阪工業大学

大阪工業大学は、大学内において新システム導入する際、アカウント情報の登録に利用した一部作業ファイルが外部へ流出したことを明らかにした。

外部からアクセス可能となっていたのは、アカウント登録に用いたファイルで、学生や教職員の個人情報が含まれるという。また一時検索サイト上にも登録されていた。

同大は、今回の問題についてシステム導入業者の認識不足や作業ミスが重なったことが原因と説明。管理体制の強化を実施し、再発防止に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2014/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「WordPress 5.4.2」がリリース - 複数脆弱性を修正
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード