Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、サイバー攻撃の初動対応時間を短縮するソフト - 検知時の対応を自動化

富士通は、サイバー攻撃を受けた際の対処を自動化するソフトウェア「FUJITSU Software Systemwalker Security Control」を提供する。

同製品では、従来は手動で対応する必要があったサイバー攻撃を受けた際の対応を、検知製品と同社の運用ノウハウを組み合わせ、自動化を実現した。

マルウェア検知から初動対応までの時間を自動化により短縮し、被害拡大を防止を支援する。エンドポイント検知、ネットワーク検知、ファイアウォール、資産管理製品などとの連携にも対応している。

また攻撃手口に対応した対処作業を標準化でき、検知製品からのアラートを切り分け、感染端末の管理者に対する対処指示を行うことが可能。同社における運用実践では、初動対応の時間を最大約97%削減できたという。

(Security NEXT - 2014/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
リスク評価と必要なSIEMルール設計をパッケージで
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売