Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインストレージのDL用URLを広告主に提供 - ヤフー

ヤフーは、同社の広告配信サービス「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」のレポート機能において、本来提供されるべきではないオンラインサービスの利用者に関する情報が広告主へ提供されていたことを明らかにした。

同社によれば、4月20日に同サービスの新機能として、広告配信先を制御できる「プレイスメントターゲティング機能」を追加。広告掲載されたURLを広告主が確認できるようになったが、本来提供すべきではないURLが含まれていたという。

同アドネットワークには、広告の掲載パートナーとしてファイル送受信が行える「ストレージサービス」が参加しており、それらサービスにおけるファイルのダウンロード用URLがレポートに掲載されていた。

URLは非公開ではなく、指定すればだれでもダウンロードできるが、レポートへ記載されたことから、ストレージサービスの利用者の意図しない相手である広告主がURLを把握し、容易にファイルを取得できる状態となった。

影響を受けたのは広告ネットワークに参加していた「firestorage」と「sharedfile.jp」。「firestorage」が4月20日から23日まで無料サービスの利用者などのURL情報が提供された。「sharedfile.jp」は4月23日まで問題が生じたが、発生日については調査中だという。

同社では今回の問題を受け、4月23日に広告配信先レポート機能を一時停止。オンラインストレージサービスのダウンロードページでの広告掲載についても、一時的に停止している。Yahoo!では、レポートを出力した広告主には、レポートの削除を依頼するとしている。

同社では、広告配信先レポートの機能改善、掲載パートナーへの注意喚起など再発防止策を講じる。また掲載パートナーへの広告配信システム上での対応を検討するとしている。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合