Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手術名など記載した患者の手術予定表を紛失 - 都立小児総合医療センター

都立小児総合医療センターにおいて、患者15人の個人情報が記載された手術予定表が所在不明となっている。

都によれば、3月10日7時30分ごろ、医療業務に従事する協力会社職員が、手術準備のため予定表を印刷。準備ワゴンに置いた状態で手術準備を開始したが、その後9時に、予定表がワゴンの上にないことが判明。周辺を捜索したが発見できなかった。職員は、準備中に2度ほどワゴンのそばを離れていたという。

紛失したのは3月10日の手術予定表で、患者15人の氏名、年齢、性別、診療科、手術名などが記載されていた。同センターでは、対象となる患者の家族に謝罪。臨時の個人情報保護推進委員会を開催して、再発防止策の検討を行ったとしている。

(Security NEXT - 2014/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大