Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むHDDを電車に置き忘れて紛失 - がん研有明病院

がん研有明病院の医師が、患者の個人情報や病状を保存したポータブルハードディスクを紛失したことがわかった。

3月5日6時35分ごろ、通勤途中の電車内に鞄ごと置き忘れ、持ち去られたもの。すぐに気が付き、最寄り駅で車内を確認してもらったが発見できなかった。駅の預かり所や警察へ遺失物届を提出したが、見つかっていない。

所在不明となっているハードディスクには、2005年から2012年の胃がん患者1628人の氏名、生年月日、性別、患者ID、手術日、入退院日、がんの進行度などが記録されていた。ハードディスクにはパスワードを設定していたという。

(Security NEXT - 2014/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府