Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンゲーム装うフィッシングに注意 - 2013年より断続的に発生中

ハンゲームの利用者を狙ったフィッシング攻撃が、2013年から2014年にかけて断続的に発生しており、2月に入ってからも再び攻撃が確認されている。

問題のフィッシングメールは、これまでと同様「異常ログインを検知した」などと説明し、不安を煽る手口。ログイン時間をチェックするよう促して偽サイトへ誘導し、アカウント情報を騙し取る。

2013年8月ごろより攻撃が確認されており、送信元として「株式会社营团社サービスシステム」を名乗っている。スクウェア・エニックスのアカウント情報を狙ったフィッシング攻撃でも、同じ会社名が利用されていた。

メール本文には、一見正規のURLが記載されているように見えるが、HTMLメールによって実際は、URLがまったく異なる不正サイトにリンクしているケースもある。

フィッシング対策協議会では、今後もフィッシングサイトが公開される可能性があるとして、注意を呼びかけるとともに、類似したフィッシングサイトやメールを発見した際には、同協議会まで連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意