Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立学校5校で351人分の指導要録が所在不明 - 府中市

東京都府中市は、市立小学校4校と中学校1校であわせて生徒351人分の指導要録が所在不明になっていることを公表した。

同市教育委員会によれば、1月7日に府中第四小学校において児童7人分の「指導要録」を紛失していることが判明。児童の学習や行動、出欠の状況などが記録されており、5年間の保存が義務づけられている。全教職員で捜索を行ったが見つからず、警察へ届け出た。

同市教委ではこの紛失を受け、市立小中学校全33校に対し、1993年度卒業生以降の保存期間内にある指導要録の管理状況について調査を指示。すでに紛失が判明している第四小学校を含む5校から、指導要録の一部が所在不明との報告があった。件数は、あわせて351人にのぼる。

該当校では、全児童および生徒に説明するとともに、保護者に文書を配布し状況説明を行った。また教育委員会では、各校と連携して個人情報の管理方法を見直すなど、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2014/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明、判明は4月 - 横須賀市
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
市立小で「家庭連絡票」ファイル6冊が所在不明に - 大阪市
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市