Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農研機構や生物研でメールアカウントの乗っ取り被害 - スパム送信の踏み台に

農業・食品産業技術総合研究機構や農業生物資源研究所で、職員のメールアカウントがスパムメールの送信に悪用される被害が相次いで発生していたことがわかった。

農研機構では、2013年12月31日に研究員のメールアカウントが不正に利用され、スパムメールが大量に送信されていることに気が付いた。生物研においても不正メールを大量送信するために、職員のメールアカウントが乗っ取られていることが1月6日に判明したという。

いずれの組織も、対策を講じた上で被害が発生した原因などを調べているが、今回の不正アクセスにともなう機密情報の漏洩は確認されていないと説明。関連する不審なメールを受信した場合は、削除してほしいと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も