Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農研機構や生物研でメールアカウントの乗っ取り被害 - スパム送信の踏み台に

農業・食品産業技術総合研究機構や農業生物資源研究所で、職員のメールアカウントがスパムメールの送信に悪用される被害が相次いで発生していたことがわかった。

農研機構では、2013年12月31日に研究員のメールアカウントが不正に利用され、スパムメールが大量に送信されていることに気が付いた。生物研においても不正メールを大量送信するために、職員のメールアカウントが乗っ取られていることが1月6日に判明したという。

いずれの組織も、対策を講じた上で被害が発生した原因などを調べているが、今回の不正アクセスにともなう機密情報の漏洩は確認されていないと説明。関連する不審なメールを受信した場合は、削除してほしいと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に