Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農研機構や生物研でメールアカウントの乗っ取り被害 - スパム送信の踏み台に

農業・食品産業技術総合研究機構や農業生物資源研究所で、職員のメールアカウントがスパムメールの送信に悪用される被害が相次いで発生していたことがわかった。

農研機構では、2013年12月31日に研究員のメールアカウントが不正に利用され、スパムメールが大量に送信されていることに気が付いた。生物研においても不正メールを大量送信するために、職員のメールアカウントが乗っ取られていることが1月6日に判明したという。

いずれの組織も、対策を講じた上で被害が発生した原因などを調べているが、今回の不正アクセスにともなう機密情報の漏洩は確認されていないと説明。関連する不審なメールを受信した場合は、削除してほしいと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚