Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの移設作業で顧客情報流出が発生 - 東京建物不動産販売

東京建物不動産販売のウェブサイトにおいて、ウェブサーバ上の顧客情報に外部より一時アクセス可能となり、流出していたことがわかった。

同社によれば、11月にウェブサイトのデータセンター移行にともない調査を実施したところ判明したもの。サイトの移行作業を開始した2013年10月22日から問題が判明した12月19日までの間、ウェブサーバ上のバックアップデータが、インターネット経由でアクセス可能な状態だったという。

同社がログを解析したところ、11月20日、29日とあわせて3回にわたり、中国を発信元とするIPアドレスよりバックアップデータにアクセスがあり、ダウンロードされていた。

バックアップデータは、2007年以降に同サイトのフォームから問い合わせを行った顧客2292件の入力情報で、氏名、住所、電話番号、年齢、性別、メールアドレス、問い合わせ内容などが含まれる。

同社では不正アクセス判明後、バックアップしていたデータを削除するとともに警察や国土交通省へ届けた。また対象となる顧客に、報告と謝罪の文書を送付している。

(Security NEXT - 2014/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性