Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの移設作業で顧客情報流出が発生 - 東京建物不動産販売

東京建物不動産販売のウェブサイトにおいて、ウェブサーバ上の顧客情報に外部より一時アクセス可能となり、流出していたことがわかった。

同社によれば、11月にウェブサイトのデータセンター移行にともない調査を実施したところ判明したもの。サイトの移行作業を開始した2013年10月22日から問題が判明した12月19日までの間、ウェブサーバ上のバックアップデータが、インターネット経由でアクセス可能な状態だったという。

同社がログを解析したところ、11月20日、29日とあわせて3回にわたり、中国を発信元とするIPアドレスよりバックアップデータにアクセスがあり、ダウンロードされていた。

バックアップデータは、2007年以降に同サイトのフォームから問い合わせを行った顧客2292件の入力情報で、氏名、住所、電話番号、年齢、性別、メールアドレス、問い合わせ内容などが含まれる。

同社では不正アクセス判明後、バックアップしていたデータを削除するとともに警察や国土交通省へ届けた。また対象となる顧客に、報告と謝罪の文書を送付している。

(Security NEXT - 2014/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼