Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SDNA、ウェブアプリの脆弱性診断サービスを開始

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズは、ウェブサイトの脆弱性を検出し、報告する「Webアプリケーション診断」サービスを提供開始した。

同サービスは、ウェブサイトにおける問題点を検出し、報告するサービス。セキュアスカイ・テクノロジーの診断ツールを活用。ツールと手動を組み合わせ、オンライン経由で診断を行う。

診断対象サイトの事前調査を行い、詳細な画面遷移図を作成した上で、診断範囲や診断方法を決定。「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」「パストラバーサル」のほか、認証やセッション管理など幅広い診断に対応する。

診断後には、検出した問題点をはじめ、評価、具体的な対策案などを提出。改修時の問い合わせはもちろん、危険度がミディアム以上と診断された脆弱性については、1回の再診断を無償で提供する。

「エキスパート診断」は50ページ以上から対応。50ページを診断した場合、料金は128万円。「エクスプレス診断」は10ページより対応。10ページを診断した場合の料金は40万円。対象ページの追加、報告会、改修方針のチェック、オンサイト診断などオプションで対応する。

(Security NEXT - 2013/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ