Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「Adobe Reader」「Acrobat」で再発した脆弱性を修正 - Windows版のみ影響

Adobe Systemsは、脆弱性1件を修正した「Adobe Reader」および「Adobe Acrobat」を公開した。Windows版のみ影響があり、30日以内を目安にアップデートを推奨している。

20131009_as_001.jpg
Adobeが公開したセキュリティ情報

今回公開されたアップデートは、Windows版の「同XI(11.0.04)」で確認されたJavascriptのセキュリティコントロールに関する脆弱性「CVE-2013-5325」を解消するプログラム。

PDFファイルをブラウザで閲覧した際、URI処理におけるセキュリティ対策が回避され、任意のコードを実行されるおそれがある。以前修正した脆弱性が再び再発したもので、「同X(10.1.8)」やMac OS X版には含まれていないという。

同社では脆弱性を修正した最新版「同XI(11.0.05)」を公開。適用優先度は、3段階中2番目で30日以内のアップデートを目安とする「2」とした。

一方、情報処理推進機構(IPA)では、アドビシステムズからは「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」であるとのアナウンスがあったとし、早急なプログラムの適用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新