Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ国際連携取組方針」を決定

政府の情報セキュリティ政策会議は、サイバーセキュリティ分野における国際連携について基本方針や、重点的に取り組む分野を整理し、「サイバーセキュリティ国際連携取組方針」を決定した。

同方針では、サイバー空間が国の成長を支える重要なプラットフォームとなる一方、国境のないサイバー空間において脅威の深刻度が増し、世界共通の課題となっていることから、2013年6月に策定された「日本再興戦略」や「サイバーセキュリティ戦略」を踏まえつつ、サイバーセキュリティ分野において、国際連携や共助に関する基本方針や重点取組分野を示したもの。

今後は方針に従い、産学官など関係者が共通の基本認識のもとに取り組みを推進。「情報の自由な流通の確保」「深刻化するリスクへのあらたな対応」「リスクベースによる対応の強化」「社会的責務を踏まえた行動と共助」といった基本原則のもと、世界各国との協力関係を構築し、安全で信頼できるサイバー空間の構築を目指すとしている。

サイバー犯罪への対応や多層的な情報共有体制の強化、さらにサイバー安全保障における協力体制の確立などを重点的に推進するほか、国際連携による研究開発や啓発活動、サイバーセキュリティに関する国際的なルール作りなどに取り組んでいく。

(Security NEXT - 2013/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施