Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監査先の取引先情報含むUSBメモリを紛失 - JF全国監査機構

JF全国監査機構は、監査先の取引先に関する情報が保存されたUSBメモリを紛失したと発表した。

同機構によれば、監査先の取引先の氏名や取引残高など988件が保存されていたUSBメモリが所在不明となっているもので、9月6日に判明した。住所や口座番号などは含まれていない。

今回の紛失を受け、同機構では、対象となる取引先に対して、文書で事故の報告や謝罪を行った。同機構では、USBメモリなど監査先の情報を持ち出すことを禁止しているが、ルールが徹底されていなかったとして、全職員に対し指導を強化するなど、管理体制の見直しを図るとしている。

(Security NEXT - 2013/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減