Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPとフォーティネットが協業 - 中小企業向けプラットフォームを投入

日本ヒューレット・パッカードとフォーティネットジャパンは、中堅および中小企業を対象としたネットワークセキュリティソリューションの分野で協業した。

両社は今回の協業を通じて、HPのサーバおよびネットワークスイッチと、フォーティネットのUTMアプライアンス製品を統合したあたらしいセキュリティプラットフォームを企画、提供するという。

新プラットフォームでは、仮想化環境における両社の強みを生かし、サーバ、ネットワークスイッチ、UTMアプライアンス製品を統合。仮想化環境にあわせて構成し、事前検証を行った上で、推奨構成としてそれぞれのパートナーを通じて提供していく。

(Security NEXT - 2013/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ