Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が婚姻届など文書151件を持ち出し書類送検 - 清瀬市

東京都清瀬市が保管していた個人情報含む文書を持ち出したとして、同市職員が東京地検に書類送検されたことがわかった。

同市が保管していた出生届や婚姻届など個人情報含む文書151件、および戸籍に関する訓令達綴1件を文書庫から無断で持ち出したもので、これら書類は2012年12月にJR立川駅構内で発見された。

当時犯人はわからず、故意に放置した可能性があるとして、同市では窃盗事件として警察へ被害届を提出。文書庫は、職員以外が入れないシステムで、警察の任意の取り調べなどを経て、同市職員の男性を特定した。

取り調べによれば、2012年10月2日から12月7日までの間に書庫から文書を持ち出し、12月7日夕方に駅構内に置き忘れたという。同市では、今後の取調べや起訴の状況、職員の懲戒分限審査委員会の検討結果などを踏まえ、同職員を処分する予定。

(Security NEXT - 2013/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか