Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府や独法、サイバー攻撃発生時に説明責任果たすことを徹底

情報セキュリティ対策推進会議は、第10回目の会合を開き、巧妙化するサイバー攻撃に備え、各政府機関において徹底すべき対策を決定した。

今回の決定により、各府省庁が情報システムに対するサイバー攻撃を受けた場合に、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)へ連絡することや、独立行政法人に対する攻撃発生時に、所管官庁へ連絡することなど、それぞれのセキュリティポリシーへ明記することとした。

あわせて、サイバー攻撃発生時に対処できるよう連絡体制の確認や構築を要請。大きな影響を及ぼす可能性がある情報漏洩やシステムの破壊が生じた際、説明責任を果たすよう求めている。

(Security NEXT - 2013/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施