Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、組織内部で発生したサイバー攻撃を視覚化する「NIRVANA改」を開発

情報通信研究機構(NICT)は、組織内部のネットワークにおける通信状況や、サイバー攻撃の警告を分析し、グラフィカルに表示するプラットフォーム「NIRVANA改」を開発した。

20130611_ni_001.jpg
NIRVANA改の可視化画面(画像:NICT)

今回開発したのは、ネットワークをリアルタイムに可視化する「NIRVANA(nicter real-network visual analyzer)」を進化させたプラットフォーム。組織にマルウェアが侵入するといったセキュリティインシデントが多数発生しており、内部ネットワークの監視や分析の重要性が増していることから開発した。

具体的には、組織内ネットワークをリアルタイムに可視化。サイバー攻撃に関連した異常な通信を検知してアラートを表示する。さらに、ファイアウォールや侵入検知システムなど、セキュリティ機器の警告を集約して表示することも可能。対象とする組織内ネットワークは、アドレスブロック単位からIPアドレス単位の表示まで柔軟に変更できるという。

同機構では、6月12日より14日まで幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2013」のライブデモンストレーション「ShowNet」でデモを行う予定。

(Security NEXT - 2013/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も