Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、1日あたり数十億件のイベント処理に対応したSIEM製品

マカフィーは、セキュリティ情報やイベント情報を収集し、一元管理できる「McAfee Enterprise Security Manager」を、日本国内向けに7月29日より提供開始する。

同製品は、システムのログやセキュリティイベントの収集や管理、保存したデータの関連づけやリスク分析などを行うことができるSIEM(Security Information and Event Management)ソリューション。

大容量のセキュリティデータを処理するため、拡張可能なデータベースを搭載。1日あたり数十億件のイベント処理に対応しており、それらのイベントを脅威や対策、ユーザーIDなど個々の情報と関連付けて分析することが可能。

また、「Global Threat Intelligence」や「McAfee Risk Advisor」「McAfee Network Security Platform」「McAfee Vulnerability Manager」など各セキュリティツールとの統合にも対応する。価格は539万9320円から。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC