Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、1日あたり数十億件のイベント処理に対応したSIEM製品

マカフィーは、セキュリティ情報やイベント情報を収集し、一元管理できる「McAfee Enterprise Security Manager」を、日本国内向けに7月29日より提供開始する。

同製品は、システムのログやセキュリティイベントの収集や管理、保存したデータの関連づけやリスク分析などを行うことができるSIEM(Security Information and Event Management)ソリューション。

大容量のセキュリティデータを処理するため、拡張可能なデータベースを搭載。1日あたり数十億件のイベント処理に対応しており、それらのイベントを脅威や対策、ユーザーIDなど個々の情報と関連付けて分析することが可能。

また、「Global Threat Intelligence」や「McAfee Risk Advisor」「McAfee Network Security Platform」「McAfee Vulnerability Manager」など各セキュリティツールとの統合にも対応する。価格は539万9320円から。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ