Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトのURL件数が激減 - 金融機関装う攻撃の減少が影響

フィッシング対策協議会は、4月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告状況について取りまとめた。報告件数をはじめ、攻撃に用いられたURL、悪用ブランドなど、いずれも減少した。

同協議会に寄せられた4月のフィッシング報告件数は26件。前月の69件から大幅に減少しており、ここ1年でもっとも低い水準となった。さらにフィッシングサイトに用いられたURLの件数は、2月から約4倍へと増加した3月の984件から21件へと激減するなど大きな動きを見せた。

フィッシングに悪用されたブランド件数に関しても、前月から半減して6件になるなど、すべての項目で縮小。同協議会によれば、前月まで多数寄せられていたクレジットカード会社や国内金融機関を騙る攻撃の減少が影響したという。

しかしながら、一方で「@nifty」などISPのウェブメールを装った攻撃も引き続き発生しており、引き続き注意が必要となっている。

(Security NEXT - 2013/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
フィッシングURL、1カ月で5万件超 - 過去最多更新
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減