Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サッカーファンを狙うフィッシング - アカウント騙し取る偽Facebookページに注意

海外では、サッカー人気に便乗するフィッシング攻撃が頻発しており、早くも2014年に開催が予定されているワールドカップの話題を悪用する動きもあるという。

米Symantecによれば、メッシ選手やロナウド選手、FCバルセロナなど、人気がある選手やサッカークラブに便乗したフィッシング攻撃が発生しているという。

4月に発生した攻撃では、有名サッカー選手の写真などを多用して正規Facebookページを装い、FacebookのIDやパスワードなどのログイン情報を騙し取っていた。

誤って入力して送信すると、奪われた情報が「なりすまし」に悪用される可能性がある。また窃取したことを被害者へ悟られないよう、正規サイトへリダイレクトしていた。

同社では、メールの不審なリンクをクリックしたり、ウェブサイトのポップ画面などで、安易に個人情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装