Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の書類を紛失、保管箱ごと誤廃棄か - 大阪ガス

大阪ガスは、ガス供給管を私道に埋設する際の承諾書約600枚が所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明となっているのは、2009年4月から2010年3月にかけて、ガス供給管を埋設する際に私道の所有者と取り交わした土地の使用に関する承諾書約600枚。承諾者の氏名、住所、電話番号が記載されている。

4月18日に承諾者から問い合わせを受けて書類の保管場所を確認したところ、該当する期間の書類が保管箱ごとなくなっていることが判明した。

同社では、保管箱ごと誤って廃棄した可能性が高いと説明。情報の流出や不正利用は確認されていないという。同社では対象となる承諾者を個別に訪問し、説明や謝罪など対応を進めている。

(Security NEXT - 2013/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市