Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フレッツ光の会員サイト、特定IPからの不正ログインが再発 - 全会員にPW再設定を要請

NTT東日本の会員サイト「フレッツ光メンバーズクラブ」において、本人以外からと見られる不正ログインが再発生した。これを受け、同社ではすべての会員に対し、パスワードの再設定を要請している。

同サイトに対し、特定のIPから大量のアクセスがあり、本人以外の不正なログインが繰り返し発生しているもので、未然に被害を防止するため対策を講じた。

同社では4月4日より同サイトに対する大量の不正アクセスを検知。これにより30アカウントで不正ログインが発生したのを受け、一時ログイン規制を実施した。

その後、個人情報を扱う機能の利用を制限する措置を実施したうえで、4月9日に規制を解除してサービスを再開。しかし直後の9日9時より、再び特定のIPアドレスから大量アクセスが発生。同社によれば、10日2時までの間に約2万4000件のアクセスがあり、77件の不正ログインが確認されたという。

同社では被害を未然に防止するため、11日以降すべての会員アカウントにおいてログインロックを実施し、パスワードの再設定を求めている。

(Security NEXT - 2013/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
「Sポイント」会員サイトに約1000万回のログイン試行 - ポイント交換も
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工