Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、組織の内部不正を防止するためのガイドラインを策定

情報処理推進機構(IPA)は、企業内部おける不正対策を効果的に実施できるよう「組織における内部不正防止ガイドライン」を策定し、公開した。

同ガイドラインは、同機構が設置した有識者による「組織における内部不正防止ガイドライン作成委員会」の成果物。

情報漏洩をはじめ、組織の内部関係者による不正行為が、事業継続に大きな影響を与えかねないとして、これまでも調査研究を進めており、今回のガイドラインでは、対策の重要性や関連法、事例などを取りまとめた。

内部不正対策に関し、基本方針、資産管理、技術的管理、証拠確保、コンプライアンス、職場環境、事後管理など10種類の観点から30項目の具体的な対策を盛り込んだ。

これまで組織内部の不正対策について検討や対策を講じていない企業であっても、体制を整備できるよう工夫したという。また防止にくわえ、早期発見や拡大防止の対策についても言及。チェックシートなども用意した。

(Security NEXT - 2013/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験