Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

gooya、スマホに特化した検証センターを開設 - 脆弱性診断も

gooyaは、宮崎県内にスマートフォンに特化した検証センター「gooya BPOセンター宮崎」を開設する。

今回の事業展開は、品質確保のために求められるスマートフォンアプリの検証を請け負うアウトソーシング事業を拡大するもの。同センターの開設により、今後2年間に150人を採用する予定だという。

セキュリティ関連のサービスメニューとしては、スマートフォンアプリやスマートフォン向けサイトを対象として、診断ツールやオペレーターの手作業による脆弱性診断を行う「スマートフォンアプリケーション診断サービス」を提供する。

さらにサーバ側ウェブアプリケーションの脆弱性診断やミドルウェアの設定項目、データベースサーバに関する検証レポートを提供する「プラットフォーム診断サービス」を展開していく。

1アプリあたりの料金は、簡易レポートで報告する場合、10万円前後となる見込み。同じアプリであっても、OSごとに契約する必要がある。またオプションとして、カスタマイズした擬似攻撃や脆弱性対策のアドバイスなども提供する。

(Security NEXT - 2013/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、一部ゲームデータが被害 - タイトー
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA