Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MBSDとリンクトブレイン、ソーシャルゲームの脆弱性診断サービスを提供

三井物産セキュアディレクションとリンクトブレインは、ソーシャルゲームに特化したセキュリティ診断サービス「LB Check!」を提供開始する。

同サービスは、SNS上で配信されるゲームアプリの脆弱性を検出し、対策などをレポートするゲーム開発事業者向けのセキュリティ対策サービス。一般的なウェブアプリに存在する脆弱性に限らず、不正利用や他ユーザーへの迷惑行為など、ソーシャルゲーム特有の問題に対応する。

ゲームロジックに応じた診断項目をリストアップしたうえで、ウェブアプリケーションの診断や、ゲームロジックに関連する診断、スマホアプリの診断を実施。検出された欠陥の原因や影響、想定される被害、対策などを報告する。

同社では、今後1年間に30タイトル、5000万円の売上を目指し、SNSの運営事業者やソーシャルゲーム開発事業者へサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2013/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術