Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

27件の脆弱性を修正した「iOS 6.1」が公開

Appleは、iPhoneやiPadなど同社のスマートフォンが搭載しているiOSのセキュリティアップデートである「iOS 6.1」の提供を開始した。

今回のアップデートでは、「WebKit」に存在する22件の脆弱性をはじめ、カーネルやWi-Fiに関する脆弱性、Apple ID認証が回避される問題などへ対応した。トルコの認証局が発行した不正な証明書の無効化なども実施しており、対応した脆弱性はあわせて27件に及んでいる。

またこれまでもAppleやMicrosoft、Googleなどへ脆弱性を報告しているMasato Kinugawa氏により報告された「Unicode」用内部コンポーネントの脆弱性が修正された。「EUC-JP」のエンコード処理に問題があり、クロスサイトスクリプティング攻撃を受ける問題が解消されている。

(Security NEXT - 2013/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性