Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の伝票綴り1冊が所在不明に - 京都中央信金

京都中央信用金庫において、顧客情報186件が記載された伝票綴り1冊が所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、本店営業部が扱う10月16日付けの伝票綴り1冊。顧客186件の氏名、口座番号、金額などが記載されていた。11月14日に委託先から送付された「伝票綴り照合表」をもとに、本店で保管されている伝票綴りの確認を行った際、紛失が判明したという。

同金庫では、誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、外部からの問い合わせなども寄せられていないという。同金庫では、対象となる顧客への報告を行っている。

(Security NEXT - 2012/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市
患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
業務用PCとスマホを電車内に置き忘れて紛失 - 朝日工業社