Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の伝票綴り1冊が所在不明に - 京都中央信金

京都中央信用金庫において、顧客情報186件が記載された伝票綴り1冊が所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、本店営業部が扱う10月16日付けの伝票綴り1冊。顧客186件の氏名、口座番号、金額などが記載されていた。11月14日に委託先から送付された「伝票綴り照合表」をもとに、本店で保管されている伝票綴りの確認を行った際、紛失が判明したという。

同金庫では、誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、外部からの問い合わせなども寄せられていないという。同金庫では、対象となる顧客への報告を行っている。

(Security NEXT - 2012/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
相続相談会の関連帳票が所在不明に - 大阪司法書士会
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県