Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ用セキュリティブラウザ「KAITO」、KDDIの「Business Port」で提供開始

ジェーエムエーシステムズは、スマートデバイスで利用できるセキュリティ面を強化した業務用ブラウザ「KAITO」を、KDDIの「SaaSソリューション Business Port」を通じて提供開始する。

同製品は、「Android」や「iOS」に対応した業務用のブラウザ。必要な業務アプリケーションを通信環境とあわせて提供するKDDIのプラットフォームサービス「SaaSソリューション Business Port」で提供する。

同ブラウザを利用することにより、通信履歴やキャッシュ、Cookie、クリップボード、画面コピー、ダウンロードなどを制御可能。データを端末上へ残さずにブラウジングが行える。

またホワイトリストによるウェブフィルタリング、管理者による集中管理、クライアント証明書による端末のアクセス制御などに対応している。

(Security NEXT - 2012/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
医師私物スマホから院内音声がライブ配信 - 埼玉県内病院
日経の記事クリッピングサービスにサイバー攻撃 - 個人情報が流出か
スマホアプリ「+メッセージ」にURL偽装が可能となる脆弱性
「LINE」のKeep機能に不具合 - 特定条件下で別アカウントより閲覧可能に
Cisco、既知の脆弱性28件が「悪用済み」であると公表