Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトのURL件数が前月の5倍に - 米クレカ会社装う攻撃で急増

フィッシング対策協議会は、10月に報告を受けたフィッシングの状況について取りまとめた。

10月に寄せられたフィッシング報告件数は51件で前回から4件増加した。悪用されたブランド件数は10件で、前月を4件上回っている。

一方、増加が目立ったのがフィッシングサイトのユニークURL件数。前月の5倍以上にあたる204件と急増した。2011年5月に314件を記録して以来、1年5カ月ぶりに200件を越える高水準となっている。

同協議会によれば、URL数の増加は、米クレジットカード会社を装ったフィッシングサイトの情報が多数寄せられたのが原因で、海外の無料ホスティングサービス上に多数設置されていたという。

また10月は、金融機関のほか、ISPが提供するウェブメールのアカウント情報を詐取しようとするフィッシング攻撃が発生しているとして、同協議会では引き続き注意を促している。

(Security NEXT - 2012/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド