Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、Androidアプリの解析ライブラリをOSSで公開 - Android SDK不要

セキュアブレインは、Androidアプリの解析ライブラリを、オープンソースとして公開した。

同ソフトは、Androidアプリの静的解析が行えるRubyライブラリ。Android SDKを必要とせず、外部環境に依存せずに利用でき、マニフェストファイルや実行ファイルを解析できる。

同社では、Androidアプリの解析や分析に関わるコミュニティに対して貢献したいとして、公開にあたりMITライセンスを採用。フィードバックによる品質向上を目指している。

(Security NEXT - 2012/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ