Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトイーサ、通信やプロセスをログとして保存するフリーウェア

ソフトイーサは、パソコンにおけるプロセスの起動状況や通信状況を、端末内にログとして保存するフリーウェア「パケット警察 for Windows」を公開した。同社サイトより無償でダウンロードできる。

同製品は、パソコンの通信記録やソフトウェアの起動状況をログとして簡易的に保存できるソフトウェア。ウイルス感染などの際、ウイルスの起動状況や外部との通信記録などログを参照できる。

同社では、ウイルス感染者が犯人と誤って逮捕された事件により、不安が高まっているとして、通信記録やソフトウェアの起動記録などが残る同製品を開発、公開したという。

(Security NEXT - 2012/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社
氏名やIPアドレスの透かしで画面撮影を抑止するソフト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス