Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトイーサ、通信やプロセスをログとして保存するフリーウェア

ソフトイーサは、パソコンにおけるプロセスの起動状況や通信状況を、端末内にログとして保存するフリーウェア「パケット警察 for Windows」を公開した。同社サイトより無償でダウンロードできる。

同製品は、パソコンの通信記録やソフトウェアの起動状況をログとして簡易的に保存できるソフトウェア。ウイルス感染などの際、ウイルスの起動状況や外部との通信記録などログを参照できる。

同社では、ウイルス感染者が犯人と誤って逮捕された事件により、不安が高まっているとして、通信記録やソフトウェアの起動記録などが残る同製品を開発、公開したという。

(Security NEXT - 2012/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社