Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトイーサ、通信やプロセスをログとして保存するフリーウェア

ソフトイーサは、パソコンにおけるプロセスの起動状況や通信状況を、端末内にログとして保存するフリーウェア「パケット警察 for Windows」を公開した。同社サイトより無償でダウンロードできる。

同製品は、パソコンの通信記録やソフトウェアの起動状況をログとして簡易的に保存できるソフトウェア。ウイルス感染などの際、ウイルスの起動状況や外部との通信記録などログを参照できる。

同社では、ウイルス感染者が犯人と誤って逮捕された事件により、不安が高まっているとして、通信記録やソフトウェアの起動記録などが残る同製品を開発、公開したという。

(Security NEXT - 2012/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ