Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動車103台分の登録原簿が所在不明に - 国交省

国土交通省は、北海道運輸局および関東運輸局において、登録自動車の一部情報が記載された「自動車登録乙原簿」が所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、データが電子化される以前の1987年までに登録された自動車の「自動車登録乙原簿」。自動車登録番号および抵当権者名が記載されている。

8月1日、北海道運輸局室蘭運輸支局で19台分の紛失が判明したのを受け、全運輸局で管理状況の調査を実施。その結果、関東運輸局千葉運輸支局野田自動車検査登録事務所で84台分が所在不明となっていることが判明した。

同省では今回の問題を受け、台帳で管理している情報をすべて電子化するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2012/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
指定低公害車申請受付の案内メールで誤送信 - 東京都
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自