Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバー攻撃解析協議会」を発足 - 政府や重要インフラ事業者へ情報提供

経済産業省と総務省は、関係省庁やインフラ事業者へサイバー攻撃の関連情報を提供する「サイバー攻撃解析協議会」を発足する。

同協議会は、攻撃手法の巧妙化が進むサイバー攻撃の防御に必要とされる解析を目的としたもので、7月4日に開催された第30回情報セキュリティ政策会議で、総務大臣と経産大臣が発表した。

同協議会には、両省にくわえ、情報通信研究機構(NICT)、情報処理推進機構(IPA)、テレコム・アイザック推進会議、JPCERTコーディネーションセンターの4団体が参加。内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)がオブザーバを務める。7月12日に第1回会合を開催する予定。

今後の活動では、各団体が保有するマルウェアの解析結果や攻撃元の情報、攻撃の予兆を示すネットワーク関連情報など情報を共有、解析することでサイバー攻撃の特徴や攻撃手法などの実態を把握。関係省庁や重要インフラ事業者に情報を提供していく。

(Security NEXT - 2012/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件