Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバー攻撃解析協議会」を発足 - 政府や重要インフラ事業者へ情報提供

経済産業省と総務省は、関係省庁やインフラ事業者へサイバー攻撃の関連情報を提供する「サイバー攻撃解析協議会」を発足する。

同協議会は、攻撃手法の巧妙化が進むサイバー攻撃の防御に必要とされる解析を目的としたもので、7月4日に開催された第30回情報セキュリティ政策会議で、総務大臣と経産大臣が発表した。

同協議会には、両省にくわえ、情報通信研究機構(NICT)、情報処理推進機構(IPA)、テレコム・アイザック推進会議、JPCERTコーディネーションセンターの4団体が参加。内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)がオブザーバを務める。7月12日に第1回会合を開催する予定。

今後の活動では、各団体が保有するマルウェアの解析結果や攻撃元の情報、攻撃の予兆を示すネットワーク関連情報など情報を共有、解析することでサイバー攻撃の特徴や攻撃手法などの実態を把握。関係省庁や重要インフラ事業者に情報を提供していく。

(Security NEXT - 2012/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催