Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本インターネットポイント協議会、不正アクセスによる「なりすまし」問題でガイドラインを改訂

日本インターネットポイント協議会(JIPC)は、同協議会参加企業向けのガイドラインを改訂し、不正アクセス対策の項目を盛り込んだ。

同協議会は、インターネット上でポイントサービスを展開する事業者など19社が参加する業界団体。啓発活動やガイドラインの策定などを行っている。

一部ポイントサイトで、「なりすまし」による不正アクセスが発生し、ポイントを不正に利用される問題が発生したことを受けて、今回ガイドラインを改訂した。

具体的には、「なりすまし」を防ぐための対策実施を参加団体へ求め、ログインやポイント利用時にIDやパスワード以外の方法を用いてセキュリティのレベルを高めるよう義務づけた。

(Security NEXT - 2012/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導