Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本インターネットポイント協議会、不正アクセスによる「なりすまし」問題でガイドラインを改訂

日本インターネットポイント協議会(JIPC)は、同協議会参加企業向けのガイドラインを改訂し、不正アクセス対策の項目を盛り込んだ。

同協議会は、インターネット上でポイントサービスを展開する事業者など19社が参加する業界団体。啓発活動やガイドラインの策定などを行っている。

一部ポイントサイトで、「なりすまし」による不正アクセスが発生し、ポイントを不正に利用される問題が発生したことを受けて、今回ガイドラインを改訂した。

具体的には、「なりすまし」を防ぐための対策実施を参加団体へ求め、ログインやポイント利用時にIDやパスワード以外の方法を用いてセキュリティのレベルを高めるよう義務づけた。

(Security NEXT - 2012/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
2022年2Qの脆弱性届け出は163件 - ウェブ関連が減少
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」
プライバシー影響評価の構築支援サービス - PwCあらた