Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本インターネットポイント協議会、不正アクセスによる「なりすまし」問題でガイドラインを改訂

日本インターネットポイント協議会(JIPC)は、同協議会参加企業向けのガイドラインを改訂し、不正アクセス対策の項目を盛り込んだ。

同協議会は、インターネット上でポイントサービスを展開する事業者など19社が参加する業界団体。啓発活動やガイドラインの策定などを行っている。

一部ポイントサイトで、「なりすまし」による不正アクセスが発生し、ポイントを不正に利用される問題が発生したことを受けて、今回ガイドラインを改訂した。

具体的には、「なりすまし」を防ぐための対策実施を参加団体へ求め、ログインやポイント利用時にIDやパスワード以外の方法を用いてセキュリティのレベルを高めるよう義務づけた。

(Security NEXT - 2012/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
アプリのセキュ要件やテスト項目まとめた「OWASP ASVS 4.0」の日本語訳
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加
医療システム事業者向けに安全管理ガイドラインが決定
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減