Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Leopard向けにセキュリティアップデートと「Flashback」の駆除ツール

Appleは、Mac OS X 10.5向けにセキュリティアップデート「Leopard Security Update 2012-003」を公開した。

同アップデートは、脆弱性を含む旧バージョンの「Adobe Flash Player」を無効化するプログラム。またJavaの脆弱性を悪用するマルウェア「Flashback」が発生している問題を受け、同社は同マルウェアを駆除するプログラム「Flashback Removal Security Update」を公開した。

「Mac OS X 10.6」以降については、4月にJavaのアップデートとともに、駆除プログラムが公開されたが、セキュリティ専門家からアップデートの提供がない「Mac OS X 10.5」利用者へ「Flashback」の感染が拡大することに、懸念する声が出ていた。

(Security NEXT - 2012/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ