Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

婚活サービスのDMでメールアドレス1129件が流出 - エキサイト

エキサイトは、同社の「恋愛結婚」サービスのダイレクトメールを送信した際、メールの件名および本文に、同社会員のメールアドレスが記載された状態となったことを明らかにした。

送信ミスが発生したのは、同社が提供している「エキサイト恋愛結婚サービス」の広告メール。3月23日17時に同社の会員ユーザー1万8033人に送信したが、メールの件名および本文中に、配信対象者のうち1129人分のメールアドレスが混入した。

原因はメール配信システムの操作ミスで、件名や本文として読み込むファイルに本来の文書ファイルではなく、誤って送信ログのファイルを設定してしまったという。恋愛結婚サービス自体や、同社が提供しているその他のサービスとはシステムが異なるため、影響はないとしている。

同社では、メールアドレスが流出した会員へ連絡を取るとともに、誤送信先となったユーザーへの謝罪を検討している。また再発を防止するため、メール配信システムをあたしいシステムへ切り替えた。

(Security NEXT - 2012/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター