Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、年次報告書「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開

日本レジストリサービス(JPRS)は、「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開した。同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、JPドメインの登録管理業務に関する2011年の年次報告書。2004年より毎年公開している。JPドメインは、2011年12月に登録数が125万件を突破している。

2011年1月に実施した「DNSSEC」の導入や中高生を対象とした教材の配布、「都道府県型JPドメイン」の新設をはじめ、同社の国内外における活動状況を取りまとめた。またドメイン登録数やDNS設定率、指定事業者数など統計データを収録している。

(Security NEXT - 2012/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に
「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
Sambaに8件の脆弱性、権限確認不備や管理者権限取得のおそれなど