Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、年次報告書「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開

日本レジストリサービス(JPRS)は、「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開した。同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、JPドメインの登録管理業務に関する2011年の年次報告書。2004年より毎年公開している。JPドメインは、2011年12月に登録数が125万件を突破している。

2011年1月に実施した「DNSSEC」の導入や中高生を対象とした教材の配布、「都道府県型JPドメイン」の新設をはじめ、同社の国内外における活動状況を取りまとめた。またドメイン登録数やDNS設定率、指定事業者数など統計データを収録している。

(Security NEXT - 2012/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
福岡県の水産支援システムがスパム踏み台に - 1日あたり約20万件
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
問合フォームが悪用被害、スパム送信の踏み台に - 日本事務器
「LGWAN」移行前の旧メールアカウントに不正アクセス - 葛飾区
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ