Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旅行業界向けニュースサイトが一時改ざん - 不正サイトへ誘導

旅行業界向けメディアを運営するトラベルビジョンは、同社サイトが不正アクセスを受け、一時ウェブサイトが改ざんされたことを明らかにした。

同社によれば、2月5日12時ごろに改ざんが発生し、サイトを停止した翌6日9時30分ごろまで、改ざんされたページを閲覧した場合、関係ない第三者のウェブサイトへ誘導される状態だったという。

誘導先のウェブサイトに関する詳細はわかっておらず、誘導先でウイルスに感染している可能性も否定できないとしている。

同社では改ざん判明後、ウェブサイトを閉鎖したが、2月6日20時に修正を完了したとしてウェブサイトを再開。利用者に対して、最新のセキュリティ対策ソフトやオンラインサービスを利用し、ウイルスに感染していないか確認するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2012/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
コクヨ販売店の検索サイト改ざん、2020年7月に発生
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
取扱販売店検索サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - コクヨ
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
香水通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘