Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報を記載した資料が所在不明に - りそな銀

りそな銀行の10支店において、顧客情報が記載された資料を紛失していることが明らかになった。

所在がわからなくなっている資料は、「指定金銭信託全口座残高等一覧表」をはじめ、財形貯蓄に関する残高の一覧票や月間取引明細など2005年8月から翌2006年6月に扱った資料。

あわせて2218件の顧客情報が記載されており、資料によって記載内容は異なるが、氏名や口座番号のほか、勤務先、取引額、残高、取引日、満期日などの情報が含まれる。

同行では、保管期間を経過した書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、関連する問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2012/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀