Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯音楽プレイヤーに「スピードラーニング」をコピーして販売した男性が逮捕

京都府警らは1月10日、ネットオークションを通じて英語会話教材の海賊版を販売した東京都立川市の無職男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、男性は2010年11月20日ごろ、外国語会話教材「スピードラーニング英語(全48巻)」をコピーした携帯型デジタル音楽プレイヤー3台を3人に販売した。

一般からの情報提供により発覚したもので、警察の調べによれば、男性は2010年11月だけで90人に対し同様の手口で海賊版を販売し、約200万円を売り上げていたという。

(Security NEXT - 2012/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省
海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
ユーロポール、海賊版販売ドメイン3万3654件を押収 - 仮想通貨など100万ユーロを凍結
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調